C-Rights シーライツ

シーライツとは?

あの子にもこの子にも笑顔でいてほしい
- 子どもにやさしい社会をつくろう
保育室を利用する子どもたち

シーライツは、世界のすべての子どもたちが、いつでも、どこでも、どんな場合でも、国連「子どもの権利条約」でうたわれているすべての権利を保障され、夢や希望を語りあい、社会に参加できる、そんな世界をめざして活動しています。


< ビジョン > シーライツが目指す社会とは?

すべての子どもがあらゆる暴力から守られ、子どもの権利、特に参加の権利を実現していく社会を目指します

< ミッション > シーライツの使命とは?

ビジョンを達成するために、子どもの権利条約の考え方をもとに、以下3つのエンパワーメントに取り組みます


『子どものエンパワーメント』

タナオ・コミューンの子どもたち

子どもに対する差別・搾取・虐待などから、自分のちからで自分や友だちを守ることができるよう、そして子どもが自分の気持ちや意見を自由に表現できるよう支援します。


『おとなのエンパワーメント』

子どもの声を聴き、その思いを受けとめ、子どもの権利を守ることのできるおとなをふやします。


『社会のエンパワーメント』

子どもの権利が守られる仕組みと子どもを尊重する文化を築くことで、子どもにやさしい社会をつくります。

中期計画(2017年4月~2020年3月)

  • カンボジア事業では子どもたちの声を聴き、地域住民、学校の教師、行政とも連携しながら、マニュアルや教材整備をすすめ、自主性・持続性を高める

  • 日本では、カンボジアにおける活動で学んだことを文書などにまとめ、海外の子どもを支援するNGOや日本で子どもにかかわるNPOへ、子どもの権利をベースに活動することの大切さを伝えられるようにする

  • これらの活動を実施し、カンボジアと日本の子どもの権利を守っていく

中期計画の図

シーライツの事業詳細