お知らせ

【お知らせ】11/23(水・祝)シンポジウム「子どもにやさしい社会をつくろう~スマトラ復興から学び、東日本の子どもの声を国連に届ける」を開催

お知らせ

2011年10月6日

 

11月20日は、子どもの権利条約が採択された日です。

それに合わせて国際子ども権利センター(C-Rights)では、海外よりゲストをお2人お迎えし、スマトラ沖地震で被災した子どもたちの声をどのように聞いて復興をおこなったか、また、子どもが放射能にさらされている現状を「子どもに対する暴力」としてとらえ、その不安を感じる子どもたちの声を国連にどのように届けていけばいいのかについてゲストからお話を聞き、C-Rightsから、子どもへの暴力をなくし、「子どもにやさしい社会をつくろう」というメッセージとカンボジアでの活動を紹介するシンポジウムを開催します。

【海外ゲスト紹介】
Rita Panicker.jpgリタ・パニッカーさん(インド)
リタさんが代表をつとめる団体・バタフライズは、スマトラ沖地震のあと、津波の被災地であるアンダマン諸島に緊急支援に入り、その後、被災した子どもとともに子どもの意見を聴きながら復興活動を続けてきました。

 

 

 
JAPAN PHOTO001.jpgアイリーン・フォナシア・フェリサールさん(フィリピン)
アイリーンさんは、国連報告書「子どもに対する暴力」フォローアップのためのNGO 諮問評議会アジア地域代表をつとめており、アジアにおける子どもに対する暴力をなくすための活動を行ってきました。

 

 

【プログラム】
1.リタ・パニッカー氏
「子どもたちの声を聞きながら災害復興に取り組む」
2.アイリーン・フォナシア・フェリサール氏
「放射能の被害を『子どもに対する暴力』として世界へ発信する」
3.甲斐田万智子(C-Rights代表理事)
「子どもへの暴力をなくし、『子どもにやさしい社会をつくろう』」

開催概要
【日時】2011年11月23日(水・祝)13:30~16:00

【会場】明治学院大学 本館10 階大会議場

【アクセス】
東京メトロ南北線、都営地下鉄三田線「白金台駅」2番出口 徒歩約7分
東京メトロ南北線、都営地下鉄三田線「白金高輪駅」1番出口 徒歩約7分
都営地下鉄浅草線「高輪台駅」A2番出口 徒歩約7分

【資料代(参加費)】1,000円(C-Rights 会員・サポーター 800 円)
            ※明治学院大学生は無料(要学生証)

【定員】80名

【申込締切】2011年11月18日(金)

【お申込み/ お問合せ】 認定NPO 法人 国際子ども権利センター(C-Rights)
※本文に(1)お名前 (2)所属(大学名・職業等) (3)参加人数 (複数名の場合は、全員のお名前・所属をお書きください) (4)連絡先メールアドレス、又は、電話番号 をお書きいただき、こちら へお送りください。

【主催】認定NPO法人 国際子ども権利センター(C-Rights)、明治学院大学国際平和研究所(PRIME)

【後援】国際協力NGOセンター(JANIC)

—————————————————————————-
〒110-0015 東京都台東区東上野1-20-6 丸幸ビル3 階
HP:http://www.c-rights.org
TEL & FAX :03-5817-3980

Recent News

子どもの権利についての研修や人身売買・児童労働に関する子ども向けの啓発に必要な文房具を配布することができます。

童話や物語の本を5冊購入し、本が傷まないように補強してから図書室に届けることができます。

村の清掃と衛生について学ぶ「ゴミ拾いキャンペーン」を1回開催することができます。

お知らせ

【お知らせ】11/23(水・祝)シンポジウム「子どもにやさしい社会をつくろう~スマトラ復興から学び、東日本の子どもの声を国連に届ける」を開催

お知らせ

2011年10月6日

 

11月20日は、子どもの権利条約が採択された日です。

それに合わせて国際子ども権利センター(C-Rights)では、海外よりゲストをお2人お迎えし、スマトラ沖地震で被災した子どもたちの声をどのように聞いて復興をおこなったか、また、子どもが放射能にさらされている現状を「子どもに対する暴力」としてとらえ、その不安を感じる子どもたちの声を国連にどのように届けていけばいいのかについてゲストからお話を聞き、C-Rightsから、子どもへの暴力をなくし、「子どもにやさしい社会をつくろう」というメッセージとカンボジアでの活動を紹介するシンポジウムを開催します。

【海外ゲスト紹介】
Rita Panicker.jpgリタ・パニッカーさん(インド)
リタさんが代表をつとめる団体・バタフライズは、スマトラ沖地震のあと、津波の被災地であるアンダマン諸島に緊急支援に入り、その後、被災した子どもとともに子どもの意見を聴きながら復興活動を続けてきました。

 

 

 
JAPAN PHOTO001.jpgアイリーン・フォナシア・フェリサールさん(フィリピン)
アイリーンさんは、国連報告書「子どもに対する暴力」フォローアップのためのNGO 諮問評議会アジア地域代表をつとめており、アジアにおける子どもに対する暴力をなくすための活動を行ってきました。

 

 

【プログラム】
1.リタ・パニッカー氏
「子どもたちの声を聞きながら災害復興に取り組む」
2.アイリーン・フォナシア・フェリサール氏
「放射能の被害を『子どもに対する暴力』として世界へ発信する」
3.甲斐田万智子(C-Rights代表理事)
「子どもへの暴力をなくし、『子どもにやさしい社会をつくろう』」

開催概要
【日時】2011年11月23日(水・祝)13:30~16:00

【会場】明治学院大学 本館10 階大会議場

【アクセス】
東京メトロ南北線、都営地下鉄三田線「白金台駅」2番出口 徒歩約7分
東京メトロ南北線、都営地下鉄三田線「白金高輪駅」1番出口 徒歩約7分
都営地下鉄浅草線「高輪台駅」A2番出口 徒歩約7分

【資料代(参加費)】1,000円(C-Rights 会員・サポーター 800 円)
            ※明治学院大学生は無料(要学生証)

【定員】80名

【申込締切】2011年11月18日(金)

【お申込み/ お問合せ】 認定NPO 法人 国際子ども権利センター(C-Rights)
※本文に(1)お名前 (2)所属(大学名・職業等) (3)参加人数 (複数名の場合は、全員のお名前・所属をお書きください) (4)連絡先メールアドレス、又は、電話番号 をお書きいただき、こちら へお送りください。

【主催】認定NPO法人 国際子ども権利センター(C-Rights)、明治学院大学国際平和研究所(PRIME)

【後援】国際協力NGOセンター(JANIC)

—————————————————————————-
〒110-0015 東京都台東区東上野1-20-6 丸幸ビル3 階
HP:http://www.c-rights.org
TEL & FAX :03-5817-3980

Recent News